金属とレジンの見た目以外の重要な違い

皆さんこんにちは

金属とレジンって銀色かの違いがありますが、その他にも様々な違いがあります。

まず「硬さの違い」があります。

硬さは当然金属の方がかなり硬い!です。

しかし硬ければ良い!とは限りません。

歯を失う原因の中に「割れる」ということがあります。

歯って割れるの!? でも治るんじゃないの? 骨折しても治るし!

とたまに患者さんに聞かれます。ちなみに歯は割れたら治りません。割れっぱなしです

実は我々歯科医師が治せない!お手上げ!というのが歯がこの割れるということ。

基本割れていたら様子見。

症状が出たら神経を抜く、もしくは抜歯などが適応です。

さて話を金属に戻します。

当然硬いものを噛んだり、またその蓄積により歯は小さく、ひび割れたりします。

めちゃくちゃ小さい目に見えない範囲の修復が起きているという先生もいますが、それを頼りにするレベルでの治療なんてありません

めちゃくちゃ精度よく馴染みが良いと言われるゴールドなどの金属ですら実は、この歯のひび割れを起こしていることがあります。

ましては馴染みの悪い段差だらけの金属を噛むのは鉄を歯で噛んでいるようなものです。そりゃ割れます。

症例集にもいくつか上げていますので是非見てみてください。

私が金属よりレジンを勧めるのはこのひび割れを予防する効果を期待しているところがあります。

レジンは歯のすり減りに近く馴染みやすいです。金属は真逆で歯だけ欠けていきます

そこから出来た溝が虫歯になります

レジンでも段差ができるとよくないですが、そうならないためにマイクロスコープ で私の目でできる限り段差をなくして治療しています。

こちらの動画を参考にしてください。

 


術前は隣の歯の間から噛み合わせの面にかけて保険の金属+側面が保険のレジンです。

術後が私が充填した保険外治療のレジンです。

今回は硬さについて、

接着の違いについてはまた別の会にて