奥歯の裏に虫歯ができたら

どうでしょう?

先生によっては抜歯をすすめます

そんなのひどい!?怖い!?

しかし決してそれは乱暴ではありません

なぜならそれだけ治療が難しいからです

昔は日本刀で変な斬られ方をされると、治りが悪くて腐食して死に至る〜ようなことを読んだことがありますが

簡単に例えるとそんな感じです

そう

歯にとって、とても嫌な場所なんです(そして普通の歯科医師にとっても嫌な虫歯かと)

どうなるかというと

無理に治療をする→うまく埋められないので、段差ができやすく、より歯磨きしづらい状態になる→虫歯や感染を繰り返す→その都度治療の繰り返し→抜歯

となります

奥歯の裏側が虫歯になる理由は歯ブラシが届きづらいからです。下の奥歯だと親知らずがぶつかっている所にできたりします

歯ブラシが届きづらいので、当然治療器具も届きづらい

普通は虫歯を削るために、健康な歯の部分のところから虫歯に器具が届くように削っていきます

その結果、歯は比較的ダメージを多く受けます

一般的にはそこから形を整えてやはりインレー修復もしくは被せ物でしょう

うまい先生がやるとそれで十分綺麗に仕上がりますが、私はCRが一番上手くできるので、虫歯だけなるべく削って、削ったところだけCRで埋めます

動画

 

黒いところが虫歯です

こんなところ意識してもなかなか磨けませんよね、

もしくは磨けているかわかりませんよね

心配な方は衛生士さんに確認してもらいましょう

と言っても私自身ここ2年くらいで始めた方法なので、それまでは私も歯を大きく削ってインレーか虫歯の位置によっては神経をとって被せ物にするしかありませんでした。

現在では動画のような方法で削る量を少なくする方法も可能になってきました

動画を見ていただくとわかりますが、この方お口を開き続けるのがとてもきつい方です

途中で閉じてきます

しかし特に支障なく治療はできました

これはマイクロスコープ による拡大視野と専用器具の賜物ですね

特に大きな裏側の虫歯治療はこちら

神経まで達していたため、奥歯の裏側の治療、神経の治療(根管治療)、そして精密レジン治療の合わせ技でした。